FC2ブログ

仔イヴと行く佐渡島 1

宣言通り、ゆっくり更新ですよー

こちらの

http://s.ameblo.jp/shiretokoshio/

アメブロは変わらず2、3日に1度更新です。
佐渡島の旅の簡単記事は、こちらアメブロにあります。



直江津からの






佐渡汽船のあかねとゆうフェリーに乗り、1時間ちょっとで佐渡に着くと・・・すぐに金山に向かいました。

天気予報が明日は雨、と予想していたため今日見ておきたい!と興奮する【たか】に、

「金山こそ雨でも関係なく見れるじゃん!明日でいいじゃん!」

とゆう、私の訴えに対し

「中だけならね外もあるから

なんて、アッサリ返されて

チッこれだからマニアは・・・と、
渋々その予定を認めることに。




『下手くそだなあ』

ヽ( ・∀・)ノ!はーい


下手くそな地図と字だって、マイブログですからね。
載せちゃうもんね



ゆっるい地図ですが(  ̄▽ ̄)
何回も出てきます。よろしゅうに

左下の小木からブルーのラインが1日目。

ナビではこんな感じ。


鉱山には慣れているけど




中は寒い。パーカー必需品。



左側が近代、右側が江戸の坑。

一緒には見れないので2周しないといけないんだって。

ワンコは抱っこで入れます。






順路は左側からだって。。



寒い!(^-^;
思っていたより寒くて仔イヴ、ブルブル震えました。



早々とパーカーインした仔イヴ、ご満悦。



詳しいことは【たか】に語らせたいけど文章が苦手な彼はブログには近づきません(-_-;)



なので



画像のみで。

【たか】は、いつものようにマイ懐中電灯(でかくて重い!)を片手にバッシャバッシャカメラを使い写真を撮りまくり。



機関室には



当時のトロッコ、掘削機、削岩機、やら、なんやらよくわからんものがたくさんで(まだ使えるんじゃないかな?綺麗だし油を塗っていて臭いがすごい)



ホクホクしながら、カメラに夢中で私達を置いてく始末。



転車台が動いて嬉しい【たか】





・・・ぽつーん。

飽きて疲れて座る私と、遠くまで何かを見に行った【たか】を目で追う仔イヴ。



アッチ向いてホイ!



お次は割戸を見に。

人間てすごいねー。金求めて掘って掘って、ここまでやっちゃうんだもの。



コワ!
デカ!



遠くから見ると、山が割れてるもんね。

この原っぱはトロッコの終着駅で





ここで回転して下に鉱物を落とすんで、下がすっけすけで怖い
無論立ち入り禁止です。


なので周りは

あっちにも、こっちにも鉄路だらけ。


埋もれたレール。風化してます。

でも、整備すればまだ使えるよと言ってました。

あ、打ち捨てられてる・・・(..)


ここは鉱毒はなかったみたいだし、今は稼働していないので、あくまで見学用に残しているだけ。

昔の施設も風化してます。







港も。





(これらを相方が見学していた時、私はお昼寝タイム(笑)だって~疲れた➰。)



で、こっから再び入り口まで歩いたら



右側の坑へ。




疲れたー!疲れた‼もう、歩きたくない!
の、私。





仔イヴ抱っこも【たか】にお任せ。





江戸の坑は、かなり怖い。

人形があるのもリアルだけど穴が深く、こんなとこ命綱ありでも歩きたくない!て現場ばかり。





坑の見学がひと通り終わると



ミニ博物館があり
テレビでお馴染みの



金の延べ棒持ち出せるか?の、コーナー。


6000万だとか。ふえー

3時間は居たんではないか?



そのほか


まだまだ見たい、
知りたい、が止まらない【たか】はさらに3時間(私はお昼寝



堪能したようです。



すっかり暗くなり、先に温泉へ。
下手くそな地図のマークの温泉は、ウソっぱち掛け流しではありますが人がいなくゆっくり入れたから2回行きました。





夕飯は、何気なく入ったお店だったけどさすが新潟!
お米がうまい!うますぎる!

満足満足

道の駅にて就寝



つづく。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

わぁ〜(((o(*゚▽゚*)o)))

鉱山すごいですねー‼︎
何だろ…写真見てると…
ワクワクする‼︎(≧∇≦)

しかし、10℃は寒いですね〜
真夏に行ったら気持ちイイのかな(*^^*)
仔イヴ君、懐ろに入れてもらえて良かったね〜♪

うーん

わくわくする?あこチャン、鉱山は私はちょっと怖い。昔は楽しかったかも。
今は負の遺産だったり鉱毒処理だけのために動いていたり炭鉱は、、事故とか。
かの金山にも水没事故があるし、強制労働者の話も・・胸が痛む。
すぼりのものは、坑でもトンネルでもなんでもすごいなーと思うけれど、今みたいに保証なんかないし切り開かれるまでにどんだけ大変だったか思うとざわざわするんだー。
でも、探検的な意味だと確かに、わくわくするかなー。うん。
洞窟は祖先が暮らしの場にしていたから、これは人工だけどなんとなく惹かれるとこあるし。

仔イヴブルブル震えていて。寒いのもあるけどちょっと怖かったからかな?人形がしゃべったり機械が動いたりしていたし。

この日もまあまあ暑くて。中は涼しく出てきたら暑い。冬の方がいいかもー。どうだろ(笑)