FC2ブログ

東北~北海道旅行 2

つづき。

八戸からフェリー乗車。

フェリーの種類についてなどは前回
書いたのですが、その乗り方や船内を軽くご紹介。

シルバーフェリー

八戸発8:45ー苫小牧16:00着
の、シルバープリンセス。


今回取れたのは昼間便。



でも、初心者には良かった
面倒な手続きとか、ひとりぼっちの乗船など心細くて不安だもの。
明るい方が良い。

(ほんとは、時間が有意義に使える夜便のほうが人気。)

シルバーフェリーでもワンコと同室出来るのはプリンセスとエイト(各2部屋)しかない。
そりゃ、GWともなれば競争率は上がるよね。夜便は満室だったし。
実はキャンセルが出ないか何度か問い合わせたんだけどダメでしたー(/_;)/(キャンセルも電話のみ)



ちなみに、予約の仕方はお目当ての日の発売日である2ヶ月前に電話するほかはない。
ワンコ部屋でなければネット予約が出来るんだけどね。
電話して、予約番号を控えて当日お支払。カードも使える。

乗船にあたり、色々(氏名や車種やナンバーなど)書くんだけど・・・予めダウンロードして書いていくか当日書くか。
ま、すんごく面倒ではなかったから当日書く、で問題なし。
書き漏らしても係の人は優しく教えてくれるしね。(ホッ)

人数も車もたくさんたくさん乗り込むから、時間には厳しい。全部の手続きには時間がかかるもんねー。

ワンコ連れは出発90分前には来るように言われた。(実際には、手続きしたり乗り込めるのが早かったりしたので90分とゆう時間は短く感じる。)

で。
8:40発だから7:00には来ましたよ。
(ちゃっかり八戸温泉で朝風呂(  ̄▽ ̄)してきた。前日は道の駅で車中泊。)



八戸フェリーターミナル
(案外ちいこぃ)
迷う心配もなく



ターミナル右手に既にプリンセスが見えているし、車が並んでいるからうちも並んで



乗船手続きを始める。
このとき、旦那や仔イヴは車内待機。



ペットについては、別に念書を書いて





こんなものをいただくから車のフロントに見えるように置いておく。




ここまで終えたら仔イヴと乗船の準備にかかる。


では!


ばいびー(^-^)/(古ッ!)

運転係の旦那とは、ここから完全に別行動。(車の乗船は、実にシンプルらしいのでレポなし。)


ターミナルには、申し訳程度の売店もあるのだが何も買わなかった。後に後悔。











仔イヴはキャリーに入れて、この乗船口が開くまで待つ。
この日は時間より早く開いた。

開いてしまえば



ぐんぐん進むのみ。
レシートみたいにペラッペラな切符とルームキーを片手に・・・




ぐんぐん


ぐんぐん!





ぐんぐん!!


進んでからの~

カチャリ!



ぬお。ホテル並みのハイテク!
(このカードキーは、記念に持ち帰れます。)

お部屋は。。
うん、まあまあかな。

ちと、消臭剤のきつさが気になるけど仕方ないよね。




流しもあり、浴衣、スリッパ、ポットなどもあります。


『はよ。出さんかい』
あ、ごめん(笑)

部屋については前回書いているので、このへんで。



そのうち、こんな風に並んでいた車が消えて


【たか】が合流するとあちこち探索に。



塩素臭満載ではあるけるど…
景色は良いお風呂や(なぜか女性だけ時間制限あり)



2等客室に





キッズルーム(この日は激!うるさかった。運悪し。)





共用ポットや、レンジや自販機。

小さなゲームコーナに、テレビコーナもありました。

あれ?
気づけば出港しているー( ̄∇ ̄*)ゞ



ならば。



潮まみれの窓を綺麗にしたら



イルカやクジラが・・・


『見えましたか?』

・・・見えませんでした
ガッカリ…(ずうずうしい)




行き来する船は見えました。

この時点で10時くらい。

船に乗り込むまでは緊張していたから忘れていたけれど…早朝から風呂に入り、こんだけ起きていたのに何も食べていなくて。。

大きな船だから食堂があるかと期待していたのに…なかったΣ(ノд<)

あるのはカップラーメンの自販機。
あと、冷凍物の自販機。よく、SAなんかにあるやつね。

カップラーメンが200円だって!
コンビニなんかいくらでもあったのに、八戸でなにも仕入れなかった私達。(バカー)

仕方なくカップラーメン買いましたよ(._.)



いちお、売店もあるけど期待しない方がよろしいです。



ワンコ部屋の位置は船尾のココ。

この日は揺れも少なく、良かったです。



うつらうつらしていたら、苫小牧に着いてしまいました。
(うるさかったから熟睡出来ず)



下船の時にはワンコもみんな一緒。



定刻通り16時に着いたのでまだまだ明るい。

でも、今夜私達は滝上まで行く予定。

なぜなら、翌朝からは1985年に廃線になった渚滑線(しょこつせん)探索から着手するため。

途中旭川で



松尾ジンギスカンを食べることに。
(カップラーメンの恨みから、どうしてもまつじんが食べたくなった…)

ただし。

ジンギスカンを食べれば当然匂うので


適当な温泉にも。



この温泉…不思議な雰囲気で。



そこそこ人は入っているのに寂れたかんじ。あ、飲泉出来ました。


旭川高砂温泉だっけ?記憶が曖昧なり。

残念ながら塩素臭のする循環。



そこから滝上まで、私の運転でしたが大好きなキツネや鹿の動物ウォッチングが出来るかも。

と、夜道を山越えしていましたがなんと。

野犬に遭遇しました…(>_<)

北海道にも野犬がいるだなんて。。
1匹は秋田犬クラス、もう1匹はキャバリアみたいなミックスだと思います。

寄り添うように、こちらを気にしながら歩いていました。(人を畏れては居なく、車が徐行すると近づこうとさえしてきました)

・・・。
彼らは、自分のことをかわいそうだなんて思わないだろうし、生きることに必死だと思いますが…
どうして、彼らがここにいるのか。また北海道の厳しい環境のなか、これから彼らがどうなるのか。
胸が痛みます。


峠は霧もあり、もう疲れきり




今夜は、道の駅でおやすみなさい。

つづく。







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント