知床

知床は、私が若い頃から大好きな場所。普通に歩いています。生サファリ‼((o(^∇^)o))と、旦那様を初めて連れてきたときに喜んで叫んでいたのを思い出します。知床は、シカとキツネは遭遇率が高いです。車の横に来てお座りしてしまう、いわゆるおねだりキツネも減りましたね。良いことです。自然動物には人間のえさは、必用ないし。車の横には来ますが、スルーしてひたすら餌を探しています。さっきはカブトムシみたいなでっかいやつ食...

イヴとの旅。

イヴがいなくなって、それでも毎日日常は繰り返される。押し寄せる喪失感、寂しさ。完璧だと誇りだと、イヴの最期を思いながらもヤッパリまだ何か出来たのでは?とゆう後悔みたいな気持ち。同じ痛みを持つ方たちのブログを読んでは頷いて泣く毎日。でも、生きていかなくちゃ。それには、やっぱりワンがいなくちゃ。仔イヴを迎えるにあたり、茅ヶ崎のブリーダーさんにお願いをしてから次に私達がしたこと。それは結婚してから行きたいねー...

長い時間

イヴが逝ってしまってから、毎日1日1日がとても長くて。あれから二ヶ月と少し。一緒の布団で寝ていたからいつもベットは毛がついてしまって(..)アレルギーもちの私を心配して、両親は一緒に寝ることは反対していたけれど( ̄ー ̄)私のアレルギーは犬にはメーター振り切っているのですが、昔から数日一緒に過ごすと免疫力がつくのか、大丈夫になるんで、イヴと暮らしていてアレルギーが酷くなることはなく。それでも母はちょっとイヴの毛...

つづき

まだまだ、イヴについて書くことは尽きませんが最後には悲しみのお裾分けになってしまうので今回は仔イヴについて書きたいと思います。1代目ワンのチビは雑種で迷い犬でした。このままだと保健所とゆう話を聞いて必死に両親に頼んで迎え入れたパンダ顔の中型犬でした。昔ですから、フィラリアの薬もまだメジャーではなく、、アッサリフィラリアで。。10歳に満たなかったんではないかと思います。そこから、チビに似た体型の柴犬が飼いたいと思い...

もう少しイヴのこと

ドライブ中は、いつもこんな。お膝でクゥクゥ(-ω-)zzzだんだん足が痺れてくるんだけど、、可愛いから許す!いいよ、ずっと寝ていて大丈夫だよー。って、撫でていたなあ。こんなキュルリン顔されたらね?チューーヽ(●´ε`●)ノしたくなるでしょ☆でね、チューーすると、ちょっと迷惑そうに「ウッ」てさー。でも、構わずいっぱいチューーしていたよ(^^)vある冬、イヴを探していたら寝室で発見(゜゜;)なんて寝かたをしてんの(笑)(^o^)かーわいーぞー!イヴはね...

思い出

無防備なイヴ(*´ω`*) すぐにすねちゃうの。構って欲しいんだよね。 北は北海道知床、南は九州、四国にも上陸して…寝台にも乗ったね(^^)たくさんたくさん、旅行したよ。いっぱい笑わせてくれて、ありがとう(^-^)優しいイヴ。ヨーキーだけど4キロオーバーで、それでも痩せていたキミ😃抱っこするとズシッと来たよ。でも抱っこ大好きなのね。私達もイヴ抱っこするの好きだよ✨抱っこしたいよ、今でも夢にみちゃう。イヴを抱っこしたいよ…い...

これから。

始めてみなければわからない。イヴと行った、旅。過ごした日々。優しいあの時間を胸に抱きながら、2代目ヨーキーが来るのを、待っています。ブログに興味がありつつ、やらないでいたけど始めてみなければわからない。と、決心して書いていきます。2015年6月17日イヴは逝ってしまいました。来るはずない、ずっとイヴと一緒だと思いたかったその瞬間。ペットを、飼っているかたにはよく分かると思います。あの痛み。今でもまだ、ダ...